pagetop

本 「食べる」って何だろう 家庭科室発食べ物教育実践読本

ほしい!に追加 twitter
本-「食べる」って何だろう 家庭科室発食べ物教育実践読本
著者: 野田知子 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 合同出版
発行年月 2000年 04月
ISBNコード 9784772602594
版型 --
ページ数 159P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野田知子 OFF

内容紹介

著者は、中学校の家庭科の学習で、栽培と結んだ食物学習、伝統的な加工食品等も作りながら、人間はいかに食べてきたかを学ぶ食物学習を続けてきました。
本書では、味噌や豆腐、マシュマロなどいくつかの食品の手作り法を紹介しています。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

大豆の七変化―あれもこれも大豆が原料/豆腐作りの魔術師―「にがり」の秘密/豆腐を作る―簡単にできる「生絞り法」/味噌は生きている―菌を使いこなす人間の知恵/味噌を作る―仕込みをしたら気長に待とう/味噌を食べる―手作り味噌はおいしさも格別!/命をいただく―食べ物の大切さを伝える授業を/魚の命をまるごと食べる―つみれ汁、骨煎餅を作る/魚の保存技術ひもの―イワシ、アジの開きを作る/ベーコンを作る(風味豊かな保存食/いぶす技術)〔ほか〕

著者情報

野田 知子
1949年宮崎県都城市に生まれる。お茶の水女子大学家政学部家庭経営学科卒業。東京都練馬区立大泉学園桜中学校教論。産業教育研究連盟常任委員、家庭科教育学会会員。中学校技術・家庭科教科書(開隆堂出版)の編集・執筆に参加。「地球と話す会」会員(西安~ローマまで20年かけて自転車での走破をめざす「ツール・ド・シルクロード」の第6回遠征隊員として、1998年8月、中国のクチャ~カシュガル間750キロを自転車で完走)2000年4月より、大東文化大学文学部の非常勤講師に就任、同時に東京学芸大学教育学部修士課程(家庭科教育専攻)に在籍

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ