pagetop

本 事例でわかる心理検査の伝え方・活かし方

ほしい!に追加 twitter
本-事例でわかる心理検査の伝え方・活かし方
著者: 竹内健児 (編)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784772411134
版型 --
ページ数 226P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

竹内健児 OFF

内容紹介

心理検査の技術を携えてこれから現場に出る人、あるいは疑問を抱えながら心理検査をこなしている人のために、本書には検査の何をどう伝え、結果を活かしてクライエントと何をはじめられるのかについての工夫がつまった事例を集めた。
さまざまな現場で活躍する中堅心理士たちの臨場感あふれる事例報告に、経験豊富な臨床家がコメントするその往復のなかで、読者は心理検査の広がりと深みをつかむことができるだろう。
各章にはクライエントへのフィードバックやスタッフへの検査結果報告のやり取りを逐語で収録、報告書式を示した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

心理検査の伝え方と生かし方/医療心理臨床(心理査定のフィードバックを契機として心理面接に移行した事例/精神科病院での心理検査のフィードバック―どこに何を返すのかということ/大学病院精神科における事例―他科を受診している患者への臨床心理検査/査定結果を考慮しながら家族面接を行うということ―もの忘れ外来における実践から)/福祉心理臨床(家庭内暴力をふるう中学生男子のアセスメント/中学進学を前に知能検査を実施した児童養護施設における一事例)/司法心理臨床(非行少年や受刑者に対する心理検査の活用)/産業心理臨床(心理検査を機に内面に目を向けられるようになった女性の事例)

著者情報

竹内 健児
立命館大学心理・教育相談センターカウンセラー、臨床心理士。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程学修認定退学。トゥレーヌ甲南大学カウンセラー(在仏)、奈良産業大学、京都光華女子大学、徳島大学准教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ