pagetop

本 軽度発達障害 繋がりあって生きる

ほしい!に追加 twitter
本-軽度発達障害 繋がりあって生きる
著者: 田中康雄 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784772410502
版型 --
ページ数 310P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田中康雄 OFF

内容紹介

彗星のように登場した「軽度発達障害」という言葉は、これまで見過ごされてきた子どもたちの「生きづらさ」を浮かび上がらせ、そして今はもう使われなくなった。
本書は、そのあいまいで気づかれにくく、しかしだからこそ深刻な「生きづらさ」が表面化した時代に、一人ひとりの子どもたちの内面ににじり寄る想像力と、障害の可能な限りの実証的解明を礎としながらも、視野を広げ、安易な医療化と対処法による割り切りへの反省を携えながら実践を積み重ねてきた児童精神科医の中間報告である。
発達障害を持つ子どもたちと養育者が紡ぐさまざまな物語を読み解きながら、冷静な診断を目指す知と、生活の場で連携し全人的に繋がりあって生きる社会への情熱を重ね合わせ、子どもたちの希望を支える。
教育・福祉と児童精神医学の一つの挑戦。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

生きづらさをもって生きる/第1部 認めあう(軽度発達障害の医療的課題/精神遅滞にもっと光を ほか)/第2部 見渡す(マルトリートメント/いじめと自殺 ほか)/第3部 支えあう(ADHDのある子どもと養育者の生きづらさ/ADHDのある子どもたちの、誤解されやすい言動と傷つきやすい心 ほか)/第4部 繋がりあう(健診と療育の連携/児童自立支援施設にある課題と解決の糸口 ほか)/発達障害のある子どもたちとともに生きる

著者情報

田中 康雄
1977年獨協医科大学医学部入学。1983年獨協医科大学医学部卒業。1983年旭川医科大学精神科神経科医員。1985年市立士別総合病院精神科神経科医員。1987年旭川医科大学附属病院精神科神経科助手。1988年市立士別総合病院精神科神経科医長。1992年北海道立緑ヶ丘病院医長。2002年国立精神・神経センター精神保健研究所児童・思春期精神保健部児童期精神保健研究室長。2004年北海道大学大学院教育学研究科教員臨床講座教授。2006年北海道大学大学院教育学研究科附属子ども発達臨床研究センター教授。2008年北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ