pagetop

本 PTSDの臨床研究 理論と実践

ほしい!に追加 twitter
本-PTSDの臨床研究 理論と実践
著者: 飛鳥井望 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2008年 08月
ISBNコード 9784772410380
版型 --
ページ数 176P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

飛鳥井望 OFF

内容紹介

精神科医や心理援助職が出会うPTSD(心的外傷後ストレス障害)はつねに、保健医療や心理臨床の既定の境界線を超え、被害者と加害者ないし被災者と過失責任者とのかかわり、補償制度や司法制度、公的および民間の援助組織と背中合わせにある。
そのなかで精神科医や心理援助職は、「科学的なエビデンスと社会的な使命をいかにして共存させるのか」という問いを、絶えず投げかけられる。
本書はこの問いを受け、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件、和歌山毒物混入事件、惨事ストレスなどを取りあげながら、臨床疫学、日本語版診断尺度作成、エビデンスに基づいたPTSD治療法としての薬物療法や認知行動療法、トラウマ記憶の脳科学、遺族の複雑性悲嘆治療の試み、偽記憶をめぐる司法論争など、文字通り複眼的にトラウマティック・ストレスをめぐる諸問題にアプローチする。
1995年の阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件の衝撃以後、近年の通り魔事件や大災害、重度事故まで、PTSDへの社会的関心がかつてなく高まっている。
本書は、急成長をはじめた日本PTSD研究の創成期から臨床研究の第一線でリードしてきた著者の12年間の軌跡であり、「日本におけるPTSD研究勃興期の記録」そのものでもある。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

心的外傷概念の歴史的変遷とPTSDの誕生/PTSDの臨床疫学/PTSDとうつ病/PTSDの症状評価/CAPS(PTSD臨床診断面接尺度)日本語版の尺度特性/PTSDの診断基準をめぐる問題点/阪神淡路大震災復興期のストレス要因/地下鉄サリン事件被害者の心のケア/和歌山毒物混入事件被害者の長期経過/惨事ストレス―災害救援者のメンタルヘルス対策/PTSDと前頭前野/PTSDに対するSSRIの効果/精神療法はトラウマ記憶をどう処理できるか―長時間曝露法の経験から/暴力的死別による複雑性悲嘆の認知行動学/「蘇った記憶」と「偽りの記憶」をめぐる論争/心的外傷はいかにして解離減少をもたらすか―神経生物学的視点も含めて

著者情報

飛鳥井 望
1952年東京生まれ。1977年東京大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院分院神経科入局。1982年東京都立墨東病院神経科医員。1987年同医長。1992年東京都精神医学総合研究所社会精神医学研究部門副参事研究員。2001年同参事研究員。現在、同社会精神医学研究分野長、医学博士、日本トラウマティック・ストレス学会理事(初代会長)、日本社会精神医学会理事、日本精神科救急学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ