pagetop

本 可能性としての心理療法

ほしい!に追加 twitter
本-可能性としての心理療法
著者: 児島達美 (著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2008年 08月
ISBNコード 9784772410373
版型 --
ページ数 245P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

児島達美 OFF

内容紹介

本書は、マイケル・ホワイトとほぼ同時に、ナラティヴ・アプローチの先駆となる「外在化」技法を生み出した気鋭の臨床家による、家族療法、ブリーフセラピー、そしてナラティヴへの変遷のなかにある心理療法の真髄を探ったものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

「無意識」に関する一試論/第1部 心理療法の背景―“シンプル”のために(心理療法の「枠」は誰が決めるのか/心理療法における「問題の外在化」および治療環境の「三項構造化」について/システムズアプローチからみた人間関係)/第2部 システムから語りへ(臨床心理士による心理学的リエゾン機能について/疼痛“体験”としての慢性疼痛―臨床心理士の立場から/ブリーフこの10年、そして21世紀へ/ブリーフセラピーと内観療法―その共通要因をめぐって)/第3部 事例研究―セラピーのリアル(一過食症女子例に対する家族療法的アプローチの試み―父親同席面接をとおして/宗教との密接な関連性において解離性障害が示唆された女性例のカウンセリング過程―患者・宗教・治療者の関係を中心に/「問題の外在化」による物語の構成について―チームアプローチによる小学校不登校事例の家族面接から)/関係のドラマツルギー

著者情報

児島 達美
1950年長崎県雲仙市生まれ。1975年上智大学文学部哲学科卒業。1987年同大学院文学研究科教育学専攻博士課程満期退学。東京都立駒込病院心身医療科、梅田病院心療内科等非常勤カウンセラー、九州大学医学部附属病院心療内科助手、三菱重工長崎造船所メンタルヘルスサービス室長を経て、2000年より、長崎純心大学人文学部人間心理学科、同大学院臨床心理学分野教授および同心理教育相談センター長(臨床心理士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ