pagetop

本 精神病の精神分析的アプローチ その実際と今日的意義

ほしい!に追加 twitter
本-精神病の精神分析的アプローチ その実際と今日的意義
著者: 松木邦裕 (編)
東中園聡 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
シリーズ名 精神分析臨床シリーズ
発行年月 2008年 07月
ISBNコード 9784772410328
版型 --
ページ数 237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松木邦裕 OFF
東中園聡 OFF

内容紹介

本書は、統合失調症や非定型精神病などの精神疾患の臨床において、いかに精神分析的心理療法による治療を進めていくかを、多くの事例をもとに論じたものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 視点(精神病についての理論と精神分析技法)/第2部 治療の実際(統合失調症者との治療的コミュニケーションの試み/ある非定型精神病者との精神分析的心理療法/ある統合失調症者の破壊的空想/悲哀という体験の難しさ―ある非定型精神病の精神分析的心理療法から/妄想の中の抑うつに出会うこと/筋肉の暴力的な使用による取り入れ器官の排泄器官化―ビオンの観点からの統合失調症への精神分析的アプローチ)/第3部 コンテイニング(コンテイニングと逆転移―精神病とのパーソナルな経験から初心者に向けて/統合失調症の看護―考える看護とその実際/統合失調症の精神分析臨床におけるマネージメント)

著者情報

東中園 聡
1959年鹿児島県生まれ。防衛医科大学校医学科卒。クライン派、自我心理学、独立学派が共存する福岡で精神科臨床の研鑚と実践をつづけている。現在は照和会西岡病院勤務(福岡市)。日本精神分析学会認定精神療法医・同スーパーヴァイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
松木 邦裕
1950年佐賀市生まれ。熊本大学医学部卒。1985年から1987年にロンドンのタビストック・クリニックへ留学。現在は精神分析個人開業および兵動クリニック(福岡市)。日本精神分析協会正会員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ