pagetop

本 看護のための乳幼児精神保健入門

ほしい!に追加 twitter
本-看護のための乳幼児精神保健入門
著者: 廣瀬たい子 (編著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2008年 06月
ISBNコード 9784772410236
版型 --
ページ数 19,169P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

廣瀬たい子 OFF

内容紹介

世界でもトップレベルの医療制度・技術を誇る日本の子どもたちは、病気で死ぬことが激減している。
しかし、一方で高度に発展した社会において、子ども、特に乳幼児は自らの力で適応することが未熟でありながら、護るべき社会と大人に背を向けられ、時として攻撃の対象になってしまう。
本書は、乳幼児の心と身体を理解し、さらに早期における問題の発見と解決のための乳幼児と家族への支援を、乳幼児精神保健という概念の理解をはかりながら、実践的、理論的に詳述している。
乳幼児を親や家族、地域とともに育て、誤る存在である看護と、関連領域の専門職が双方のパートナーシップの中で効果的な育児支援を実践するための手がかりを示すものになるであろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

乳幼児精神保健と看護/第1部 わが国における乳幼児精神保健の実践(都会の小児科クリニックにおける育児支援/総合病院小児科外来における子育て支援/センター型子育て支援のめざすもの/地域で子育てしている母親の思い/重症心身障害児を看ながらの子育てと,母親自身の闘病生活を支えて/育児ストレスが非常に強い事例への支援/先天異常をもつ児とその母親に対する育児支援/低出生体重児への療育支援と家族支援/助産師による新生児訪問:出産後のストレスと子育て/医療的ケアを必要とする子どもの地域支援体制)/第2部 乳幼児精神保健のプロフェッショナルを育てる(米国の乳幼児精神保健のプロフェッショナル/欧州の乳幼児精神保健のプロフェッショナル)/第3部 乳幼児精神保健の介入効果を明らかにする(乳幼児精神保健介入研究計画の立案/乳幼児精神保健介入効果の評価法/わが国の乳幼児精神保健と看護の課題)

著者情報

廣瀬 たい子
東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科小児・家族発達看護学教授。最終学歴:ワシントン大学大学院看護学研究科博士課程。看護学博士。小児看護と臨床と、小児看護学の教育・研究に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ