pagetop

本 精神保健福祉士のための地域生活支援活動モデル 対人援助職の成長プロセス

ほしい!に追加 twitter
本-精神保健福祉士のための地域生活支援活動モデル 対人援助職の成長プロセス
著者: 住友雄資 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
シリーズ名 精神保健福祉士のための
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784772409728
版型 --
ページ数 188P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

住友雄資 OFF

内容紹介

障害者自立支援法が本格施行された現在、地域に基盤を置いたソーシャルワークを根づかせ、展開していくことの重要性がさらに高まっている。
しかし、「精神障害者の地域生活を支える」とは、いったいどのような活動なのか?PSWはどのような問題意識と目的をもって、地域生活支援活動に取り組んでいるのだろうか?本書では、地域生活支援センターで働くPSWへの質的インタビューから、これまで明らかにされることのなかった地域生活支援活動の実態と全体像を分析し、明解な活動モデルとして提示している。
それは、目の前にいる利用者しか見えない段階から、利用者が生活している具体的な場として地域を視野に入れるようになり、さらにサポートシステム構築が自らの実践の根源に位置づいていくという、PSWの成長プロセスでもある。
また、特に取り組むべき課題としてケアマネジメント技術を取り上げ、チーム編成や分業、対話などの側面から実践の枠組みを示している。
PSWの現実的な活動に焦点を当てた本書は、今後目指されるべきエンパワメント志向のソーシャルワーク実現に向けて、精神障害者の地域生活支援に携わるすべての援助職に、日々の活動指針を与えるものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 精神障害者の地域生活支援―今、なぜ活動モデルが求められるのか(精神障害者地域生活支援をめぐる状況/地域生活支援センターへの期待と現況/精神保健福祉士による地域生活支援活動モデル構築の必要性)/第2部 精神保健福祉士による地域生活支援の活動モデル(地域生活支援活動モデルのアウトライン/地域生活支援に影響を与えるPSWと利用者/地域生活支援活動の実際1―地域生活を可能にする直接援助/地域生活支援活動の実際2―サポートシステム構築志向/第2部のまとめ―分析結果からみたPSWとソーシャルワーク)/第3部 精神障害者の地域生活支援を実現するケアマネジメントの技術(地域生活支援チームにおけるチーム編成と分業/地域生活支援チームにおける対話―循環的関係を基盤に/支援チームメンバーへの対話を重視した働きかけ)

著者情報

住友 雄資
1961年三重県生まれ。1986年日本福祉大学社会福祉学部卒業。1988年日本福祉大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了。社団法人やどかりの里でのPSW経験を経た後、1993年高知女子大学保育短期大学部講師。改組により、1998年高知女子大学社会福祉学部助教授。2005年北海道医療大学大学院看護福祉学研究科博士課程を修了し、博士(臨床福祉学)の学位を取得。2005年から教授。高知女子大学大学院修士課程及び博士後期課程で論文指導教員も兼務。主たる研究領域は、精神保健福祉およびソーシャルワーク。精神保健福祉士試験委員、日本精神保健福祉士養成校協会理事兼事務局次長、高知県社会福祉審議会委員長などを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング