pagetop

本 フロイト再読

ほしい!に追加 twitter
本-フロイト再読
著者: 下坂幸三 (著)
中村伸一 (編)
黒田章史 (編)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784772409711
版型 --
ページ数 260P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

下坂幸三 OFF
中村伸一 OFF
黒田章史 OFF

内容紹介

本書は、雑誌「精神療法」誌上にて連載中から評判の高かった「フロイト再読」を中心に編まれた、著者最後の論文集である。
変容する現代社会に生きる患者のもつ難しさ―慢性の空虚感、徹底した他者指向、内省の乏しさ、平凡嫌い等々―に対し、著者はフロイトそして東洋思想といった古典から学び、その英知を生かした独自の「常識的家族面接」で応じた。
本書では、晩年の著者が到達したこの心理面接の「作法」と、その考え方に至る道筋を辿ることができる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 フロイト再読―技法論を中心に(「医師に対する分析治療上の助言」について/「医師に対する分析治療上の助言」について・読き/「分析治療の開始」について/「想い起すこと、繰り返すこと、やり通すこと」について/「想い起すこと、繰り返すこと、やり通すこと」について・続き)/第2部 常識的家族面接を説き明かす(説き明かし・常識的家族面接/心理療法家の心構えと『論語』の教え)/第3部 変容する社会と心理療法(現代女性の位置と摂食障害/社会変容と心理療法/心的外傷理論の拡大化に反対する/昨今の青少年犯罪と境界例の構造/こんにちにおける家族面接の意義/心理療法の補助としての電話)/葬られた思想家

著者情報

下坂 幸三
1929年東京に生まれる。1950年私立順天堂医学専門学校卒業。1952~73年順天堂大学医学部精神医学教室に勤務。助手、講師、助教授を歴任。1973年東京新宿区にて下坂クリニックを開設。2006年3月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ