pagetop

本 被虐待児の精神分析的心理療法 タビストック・クリニックのアプローチ

ほしい!に追加 twitter
本-被虐待児の精神分析的心理療法 タビストック・クリニックのアプローチ
著者: メアリー・ボストン (編著)
ロレーヌ・スザー (編著)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 12月
ISBNコード 9784772409421
版型 --
ページ数 212P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

メアリー・ボストン OFF
ロレーヌ・スザー OFF

内容紹介

本書は、タビストック・クリニックを中心とした臨床家たちが、虐待を受けた80人にものぼる子どもたちの臨床例をもとに行ったワークショップの成果を結集したものである。
「投影同一化」「妄想・分裂ポジション」「包容/包容すること」など、クライン派精神分析の基本概念が臨床例の中で巧みに展開されており、読者はそこから被虐待児の内的世界の深奥へと迫るアプローチの理論と技法の詳細を読みとることができる。
また、優れた臨床家たちによる被虐待児への精神分析的心理療法の臨床例からポスト・クライン派精神分析の概念・技法を理解することができるという点でもきわめて有用である。
クラインの理論や技法を越えて育まれてきた著者らの実践は、児童精神分析の研究史の流れにおいても、ひときわ興味深い。
クライン派精神分析の流れをたどる際には、巻末に付した用語解説が理解の一助となろう。
本書は、被虐待児のみならず子どもの心理療法に携わるすべての人々にとって、精神分析的心理療法の適応の拡大と深化を探求した良書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

タビストック・ワークショップ:概要/落ちること、落とされること/くっつくこと―公的保護の下にある女の子が呈しやすい問題/見捨てられること/性と攻撃性の関連性/心理療法における技法上の問題/心理学的アセスメント/「僕はダメだ、役立たずだ、考えられない」/考えることと学ぶことの難しさ/施設から家庭への移行/里親のもとで育つ―ある少年の苦闘/家族の輪の崩壊と再構成/公的保護の下にある子どもたちについて共に考える/フィールド・ワーク―里親家庭への初めての訪問/被虐待児とのかかわりにおいて喚起される感情

著者情報

メアリー・ボストン
タビストック・クリニックの児童心理療法士であり、上級講師である。以前は、グレート・オーモンド・ストリート子ども病院に勤務していた。そこでとくに、就学前の子どもの治療に関心を深め、子どもの発達に関する最近の調査研究についての論文を書いている

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ