pagetop

本 パーソン・センタード・セラピー-フォーカ

ほしい!に追加 twitter
本-パーソン・センタード・セラピー-フォーカ
著者: キャンベル・パートン (著)
日笠摩子 (訳)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784772409360
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

キャンベル・パートン OFF
日笠摩子 OFF

内容紹介

カール・ロジャーズが創始したクライエント中心療法はさまざまな虚飾を外され、晩年のロジャーズ自身によってパーソン・センタード・アプローチとして確立された。
人間を中心に据えるその思想は、多くのセラピー学派が生まれてもなお、心理療法の発展や心理療法家の生き方に多大な影響を与えている。
本書は、ロジャーズのなしえた仕事と、彼の近しい同僚でフォーカシングを生んだユージン・ジェンドリンの業績を核にして、パーソン・センタード・セラピーの歴史と現在を俯瞰しつつ、心理療法の“基礎なるもの”を探った知的で刺激的な臨床研究書である。
パーソン・センタード・セラピーを学ぶものにとってはもちろん、共感や傾聴といったセラピーの基本姿勢に共感する臨床家にとっても必読文献である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序論/1 ロジャーズとパーソン・センタード・セラピーの発展/2 パーソン・センタード理論の欠陥/3 フォーカシングの起源/4 教えられる手続きとしてのフォーカシング/5 フォーカシング指向心理療法/6 反論:原則的問題と実証的問題/7 心理療法の理論に向けて/付録A より広い文脈/付録B 関連情報源

著者情報

キャンベル・パートン
イーストアングリア大学上級カウンセラー、同大学カウンセリング研究センターで教育およびフォーカシングと体験過程心理療法の大学院修了後プログラム長をしている。イギリスとカナダの大学で哲学を教えた経歴もあり、個人開業のセラピストを今もなお継続している。これまでもカウンセリングや哲学や仏教研究の領域で数多くの著作がある
日笠 摩子
1985年東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程修了。大正大学人間学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ