pagetop

本 境界性パーソナリティ障害の精神療法 日本版治療ガイドラインを目指して

ほしい!に追加 twitter
本-境界性パーソナリティ障害の精神療法 日本版治療ガイドラインを目指して
著者: 成田善弘 (編)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784772409315
版型 --
ページ数 210P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

成田善弘 OFF

内容紹介

治療困難な境界性パーソナリティ障害(Borderline Personality Disorder:BPD)患者は、近年ますます増加しつつあり、厚生労働省は、日本版治療ガイドライン作成を目指して研究班を設置した。
本書は、BPDに対する個人精神療法について、その委託研究による臨床的成果を公開するものである。
本書では、BPDの臨床経験が40年近くに及ぶ編者をはじめ、経験豊かな著者らによって、精神分析的精神療法を基盤としながらも、分析にのみ依拠することなく、最新の心理社会学療法の成果も取り入れた総合的なアプローチが紹介される。
さらに、BPDの基本病理の解説や現場で生じる困難な状況(自傷、自殺企図、暴力、ストーカー行為、病的退行、等)への対応、現場における日常の言葉を使った効果的な心理面接のこつが詳述されている。
BPD治療にたずさわる精神科医や臨床心理士が日常臨床で行いうる心理援助の技法を身につけるための恰好の実践的指導書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 BPD研究の現況/第2章 症例の検討/第3章 精神療法過程でみられるBPDの病理/第4章 専門家へのアンケート調査から/第5章 個人精神療法の実際/第6章 個人精神療法の経過/第7章 治療過程で生じる困難な状況と対応/第8章 「ガイドライン」と「精神科一般臨床」との「狭間」―ガイドライン(案)の批判的検討/付 BPD個人精神療法ガイドライン(案)

著者情報

成田 善弘
1941年名古屋市に生まれる。1966年名古屋大学医学部卒業。精神医学専攻。愛知県立城山病院医員、名古屋大学医学部精神医学教室助手、社会保険中京病院精神科部長を経て、1994年椙山女学園大学人間関係学部教授。2002年より、桜クリニック(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ