pagetop

本 転移分析 理論と技法

ほしい!に追加 twitter
本-転移分析 理論と技法
著者: マートンM.ギル (著)
神田橋條治 (訳)
溝口純二 (訳)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 05月
ISBNコード 9784772409155
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マートンM.ギル OFF
神田橋條治 OFF
溝口純二 OFF

内容紹介

本書は、Gillの主著であり、転移に関する文献として必ず引用される現代の古典である。
精神分析の優れた臨床家であったGillは、フロイトをはじめとして、Strachey、Glover、Stone、Klein、Segal、Rosenfeld、Zetzel、等、多くの分析家の文献を引用しながら、転移分析の実際を情熱的且つ論理的に説いていく。
人と人とが結びつく豊穣な世界であり、精神分析技法の核である転移分析についての詳細な臨床研究である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 転移の解釈とは/第2章 転移と抵抗/第3章 転移解釈は治療の中心/第4章 分析の場内で転移を展開させる/第5章 転移は常に存在する/第6章 転移はすべて分析の場の現実と関連している/第7章 転移分析における現実の場/第8章 今ここでの転移解釈対発生論的転移解釈と転移外解釈/第9章 KLEIN学派の転移解釈/第10章 FREUDの遺したもの

著者情報

溝口 純二
1949年和歌山県に生まれる。1978年上智大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。臨床心理士。東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
神田橋 條治
1937年鹿児島県加治木町に生まれる。1961年九州大学医学部卒業。1971~72年モーズレー病院ならびにタビストックに留学。1962~84年九州大学医学部精神神経科、精神分析療法専攻。現在、鹿児島市伊敷病院

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ