pagetop

本 心理臨床という営み 生きるということと病むということ

ほしい!に追加 twitter
本-心理臨床という営み 生きるということと病むということ
著者: 村瀬嘉代子 (著)
滝川一廣 (編)
青木省三 (編)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 07月
ISBNコード 9784772409148
版型 --
ページ数 273P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

村瀬嘉代子 OFF
滝川一廣 OFF
青木省三 OFF

内容紹介

著者は、特定の理論や技法に拠ることなく、生活事象のすべてを実践場面で活用する臨床家であり、また一方で、比類のないメンターともいえる希有の存在である。
本書は、語る者によって実に多彩な姿を現す、村瀬嘉代子という臨床家を読み解くための、また、村瀬流儀の心理臨床の在り方を多方面から浮き彫りにしようと試みた、またとない解説書ともなっている。
心の援助者としての基本的態度、理論や技法の適切な用い方、真に必要とされる臨床の智恵とは、クライエントの声なき声に応える心理臨床の営みとはどういうものか、あらゆる心の臨床課題にこたえる珠玉の論考と、著者ゆかりの人物技量共に卓越した臨床家たちによるさまざまな挿話によって綴る、村瀬嘉代子ワールド。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

臨床心理の在り方について―子どものこころに出会う/看取るこころと看取られるこころ/統合的心理療法のすすめ―個別的にして多面的アプローチ/心理的援助と生活を支える視点/子どもが心理的援助を受けるということ/自閉症児への統合的アプローチ/心理臨床と被害者支援/生きられた時間を求めて/書評 臨床家のためのこの一冊/事例検討会から〔ほか〕

著者情報

村瀬 嘉代子
1959年奈良女子大学文学部心理学科卒業。1959‐1965年家庭裁判所調査官(補)。1962‐1963年カリフォルニア大学大学院バークレイ校留学。1965年大正大学カウンセリング研究所講師。1984年同助教授を経て、1987年より、同教授。1993年より、大正大学人間学部並びに大学院人間福祉学科臨床心理学専攻教授。臨床心理士、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ