pagetop

本 家族と学ぶ認知症 介護者と支援者のためのガイドブック

ほしい!に追加 twitter
本-家族と学ぶ認知症 介護者と支援者のためのガイドブック
著者: 松本一生 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2006年 05月
ISBNコード 9784772409094
版型 --
ページ数 172P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松本一生 OFF

内容紹介

認知症の人が増加の一途をたどっている現在、誰もが身内の介護をすることになるかもしれない不安、自分が認知症になるかもしれない不安と向き合っています。
そのような状況においては、認知症を正しく理解し、本人と介護者が安心して地域で暮らすことのできる支援が不可欠となります。
本書では、下町のクリニックで長年にわたり認知症の臨床を積み重ねて来た著者が、認知症と向き合う本人と家族の心を丁寧に説き起こし、はじめて介護を経験して戸惑っている家族にもわかりやすく、認知症の症状と治療、対応のノウハウについて、多くの実例を紹介しながら解説します。
心理教育アプローチに基づく「家族のつどい」を実録風に再現しながら、家族にとっては体系的な理解が深まるように、介護専門職にとっては支援の枠組みができるように、工夫されています。
また、遠距離介護、老老介護、若年認知症、高齢者虐待、ターミナルケアや自死の遺族、支援者の燃え尽きなど、認知症をめぐるさまざまな問題に焦点をあて、対応の方法について考えます。
認知症にともなう精神と行動の障害に苦しみ、傷つき、それでもなお介護を続ける家族と支援者の心に、かすかな灯がともることを願って書かれたガイドブックです。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 認知症と家族(本人の心を理解する/認知症の症状と心の変化/認知症の治療と予防/家族と介護/さまざまな家族の姿)/第2部 認知症への心理教育(家族への心理教育アプローチと家族教室の持ち方)/第3部 家族・支援者の対処能力を高めるために(高齢者虐待への対応/ターミナルケアと自死の遺族ケア/介護支援職の「燃えつき」と心の支援/認知症・介護の肯定的側面)

著者情報

松本 一生
1956年生まれ。1983年大阪歯科大学卒業。1990年関西医科大学卒業。1992年関西医科大学大学院医学研究科(精神神経科学)入学。大阪人間科学大学人間科学部社会福祉学科教授、松本診療所ものわすれクリニック理事長・院長、日本認知症ケア学会評議員、認知症ケア専門士認定委員、(社)呆け老人をかかえる家族の会(「(社)認知症の人と家族の会」に名称変更予定)常任理事、心理教育・家族教室ネットワーク運営委員他。専門領域は老年精神医学、介護家族の心のケア(心理教育アプローチ)、ケアスタッフの心のケア、高齢者虐待防止。受賞歴―2003年日本痴呆ケア学会(現日本認知症ケア学会)石崎賞。2004年日本痴呆ケア学会読売痴呆ケア賞奨励賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ