pagetop

本 精神分析における言葉の活用

ほしい!に追加 twitter
本-精神分析における言葉の活用
著者: 妙木浩之 (著)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784772408929
版型 --
ページ数 249P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

妙木浩之 OFF

内容紹介

「はじめに言葉ありき」。
本書の主題「活用use」の意味するところは、道具として言葉をどのように利用・運用するかということであり、とりわけ心理療法の空間において、どのように言葉を使うかという点に集約される。
まずウィニコットやサリバン、ラングスに加えて、グレイ、ギルといった米国の対象関係論以後の諸学派の理論・技法をバックグラウンドに臨床の仕事にたずさわる著者が、それらの心理療法家たちの理論・技法をわかりやすく解説する。
そして、臨床場面における道具としての言葉、言葉の認識機能としてのメタファーの重要性、実際の行為としての発話の力など、言葉とそれに付帯する要素をどのように活用すべきかを示す。
本書は精神分析を愛する、そしてそれを標榜する著者が、その利用価値を最大限プラグマティックに拡張したいと願って書いたユニークな臨床指導書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 心の風景としての精神分析/第2章 分析的スクリーン―治療者の思い/第3章 精神分析における「声」/第4章 治療者内パラドクス―設定からみた相互性/第5章 名づけること/第6章 メタファーの発見と使用/第7章 「なに、それ」―精神分析において問うこと/第8章 暗号解読、そして介入の妥当性確認―ラングスの仕事から/第9章 「私」と行為―グレイとシェーファーの仕事から/第10章 「書くこと」の力動的意義

著者情報

妙木 浩之
1987年、上智大学文学院博士課程満期退学。佐賀医科大学助教授を経て、東京国際大学人間社会学部・大学院臨床心理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ