pagetop

本 統合失調症の語りと傾聴 EBMからNBMへ

ほしい!に追加 twitter
本-統合失調症の語りと傾聴 EBMからNBMへ
著者: 加藤敏 (著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2005年 10月
ISBNコード 9784772408899
版型 --
ページ数 255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

加藤敏 OFF

内容紹介

医学では今日EBM(Evidence Based Medicine)旋風がまきおこり、精神医学もその例外ではない。
本書は、生物学的アプローチや操作的診断体系が興隆してゆく精神医学の知の限界を明らかにし、これを補完するために、精神科臨床の基本として統合失調症治療にNBM(Narrative Based Medicine)の視点を導入することを試み、患者の語りに対する治療者の傾聴、また精神療法的接近の仕方を探るものである。
また、初期クレペリン、グリージンガーの原著に遡り、統合失調症についての精神医学史的吟味に基づく病態理解と疾患概念の再検討を促すとともに、メルロ=ポンティの裂開の概念を援用し、病態を捉える状況論的な理解への視点も提示する。
精緻な理論で編まれた前著『分裂病の構造力動論―統合的治療に向けて』に続く本書では、その理論に基づく精神科治療の実践がはじめて明らかにされる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 語りと傾聴(ナラティブ・ベイスト・メディスン(NBM)としての精神医学/統合失調症における語りと傾聴/行為遂行的発言としての病名告知)/第2部 病態把握と慢性化防止(統合失調症者における状況への関わり―裂開相と内閉相/統合失調症の慢性化防止のための予備的考察/精神病理学からみたリハビリテーション―SSTに注目して)/第3部 精神障害のあらたな分類に向けて(クレペリンにおける早発性痴呆の創出過程/生物学的精神医学と精神病理学の架橋の試み)

著者情報

加藤 敏
1949年愛知県に生まれる。1975年東京医科歯科大学医学部卒業。1985~1986年ストラスブール大学精神医学部留学(フランス政府給費留学生)。自治医科大学精神医学教室教授(精神病理学専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ