pagetop

本 遺伝相談と心理臨床

ほしい!に追加 twitter
本-遺伝相談と心理臨床
著者: 玉井真理子 (編)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2005年 09月
ISBNコード 9784772408868
版型 --
ページ数 245P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

玉井真理子 OFF

内容紹介

遺伝子の解析によって次々と遺伝性疾患が明らかになり、予防や治療法も発見されている。
だが、患者・クライエントは、何が病気の原因なのかよりも、なぜ自分が病気になったのか、その理由を知りたがる。
その“私”の思いをどう受け止めるのかが、心理臨床的遺伝相談の本質となる。
本書は、遺伝相談の現場に従事する臨床家らによって、遺伝相談の本質と遺伝臨床の現場における心理臨床的なアプローチの多様な側面を描いたものである。
本書では、ハンチントン病などの慢性的で確実に死に至る遺伝病や遺伝性癌、知的発達障害などケースについて、事例レポートとともに医学的な解説がなされ、遺伝相談とかかわりの深い周産期、不妊、法的問題、セルフヘルプグループなどについても多くのページが割かれている。
患者本人や親とともに生命について聞き、語る。
そうしたカウンセリングや心理療法で遺伝性疾患が治るわけではないものの、病を抱えて今を生きる助けにはなる。
本書は、そんな遺伝相談の新しいスタンダードを示したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 総論(遺伝医療と心理臨床/日本における遺伝相談と心理士のかかわり/リエゾン・カンファレンスから見たチーム医療の課題)/第2部 実践(遺伝相談における心理臨床の実践/子どもの先天異常と遺伝 ほか)/第3部 近接する心理臨床の領域から(周産期と心理臨床/不妊カウンセリング)/第4部 遺伝相談をめぐる法的・社会的問題(障害児を避けようとする出産選択と裁判―「望まない障害児出産訴訟」にみる議論の様相を中心に/ハンチントン病の当事者団体を支援して/染色体異常の会からの発信―18トリソミー児をもつ父母への心理的サポート)

著者情報

玉井 真理子
信州大学医学部保健学科助教授。保健学博士。臨床心理士。1983年東北大学卒業。1991年東北大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得修了。1995年東京大学医学部にて保健学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ