pagetop

本 こころと精神のはざまで

ほしい!に追加 twitter
本-こころと精神のはざまで
著者: 山中康裕 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784772408608
版型 --
ページ数 228P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山中康裕 OFF

内容紹介

著者は、セラピストとして、精神科医として、自閉症や少年期・思春期の心理臨床、表現と癒しの関わり、老人臨床、深層心理学など幅広い分野で臨床と研究において業績を残してきた。
本書は、そうした著者が長年培ってきた風景構成法や著者独自のMSSM+C法をはじめとする表現療法やバウムテスト、内閉論、マンダラなどについて、多くの事例をもとにしながら、自らの臨床的な足跡をあらためて振り返ったものである。
また良好に終結した事例だけではなく、自殺自験例を取り上げ、省みる試みなどもなされ、筆者の臨床哲学が凝縮した一冊になっている。
本書から浮かび上がる臨床や患者・クライエントに対する真摯な態度は、臨床家として生きるということとはどういうことなのかを考えさせられることだろう。
心理臨床と精神科臨床を両軸に活動し続ける著者の軌跡は、セラピストだけでなく、精神科臨床に関わるすべての実践家の必読の書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

こころに残ること/バウムテスト論考/絵画療法論考(その1)―絵画療法の実践経過/絵画療法論考(その2)―絵画療法の展開経過/「内閉論」の展開(その1)/「内閉論」の展開(その2)―内閉の事例/絵画療法論考(その3)―スクリブルからMSSM+C法の開発まで/児童神経症の四分極化論と統合失調症など重症事例について/自殺者との遭遇(その1)/自殺者との遭遇(その2)/ユング心理学との邂逅と道行―とくにマンダラ象徴について/忘れられない人々

著者情報

山中 康裕
1941年名古屋市生まれ。1966年名古屋市立大学医学部卒業。1971年同大学院医学研究科卒業、医学博士。同年同大学医学部助手。1974年同講師を経て1977年南山大学文学部助教授。1980年京都大学教育学部助教授。1992年京都大学教育学部教授。1997年京都大学教育学部附属臨床教育実践研究センター長。2001年京都大学大学院教育学研究科長・教育学部長。2005年京都大学名誉教授。京都ヘルメス研究所所長

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ