pagetop

本 精神障害をもつ人たちのワーキングライフ IPS:チームアプローチに基づく援助付き雇用ガイド

ほしい!に追加 twitter
本-精神障害をもつ人たちのワーキングライフ IPS:チームアプローチに基づく援助付き雇用ガイド
著者: デボラR.ベッカー (著)
ロバートE.ドレイク (著)
堀宏隆 (訳)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2004年 11月
ISBNコード 9784772408516
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

デボラR.ベッカー OFF
ロバートE.ドレイク OFF
堀宏隆 OFF

内容紹介

地域生活に基盤を置いた精神保健福祉が推進される中で、精神障害をもつ人たちの「働くことを含む人生」(ワーキングライフ)へのニーズに応えることが、ますます重要な課題となってきている。
本書では、どんなに重い障害をもっていても、本人に希望があれば一般就労は可能であるという強い信念に基づいた「IPS(個別職業紹介とサポート)」による援助付き雇用の実践ガイドラインが、28に及ぶ詳細な実例とともに紹介されている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 IPSの概念的・経験的基盤(援助付き雇用の概念、歴史的・理念的基盤/IPSの理論的基礎/援助付き雇用へのIPSアプローチ序説/IPSの研究)/第2部 援助付き雇用の実践ガイドライン(IPSの概要/地域精神保健機関におけるIPSの構造/IPSの始動/就労に基づく総合アセスメント/求職活動/仕事の維持)/第3部 特別な課題(重複障害と就労/高等教育と就労/援助付き教育/異文化理解と就労/結論)/資料

著者情報

デボラ R.ベッカー
ダートマス大学医学部地域家族医学部門および精神科研究所教授。リハビリテーションの専門家であり、ニューハンプシャーダートマス精神医学研究センターの上級プロジェクト責任者である。また、職業と住居、重複障害の研究プロジェクトの責任者を務めてきた。Robert E. Drakeと共に、援助付き雇用IPSアプローチについて執筆および調査を行ってきた。また、職業リハビリテーションとプログラムの実施に関してコンサルテーションと訓練を提供している。さらに、重い精神障害をもつ人たちへの地域支援プログラムにおいて、直接サービスと提供するとともに管理的業務を行ってきた
ロバート E.ドレイク
ダートマス大学医学部精神科および地域家族医学部門教授およびニューハンプシャーダートマス精神医学研究センター所長。地域精神保健センターで臨床医として20年以上にわたって積極的な活動を続けてきたことに加えて、重い精神障害をもつ人たちのための革新的な地域プログラムを開発し、その評価を行ってきた。リハビリテーションとサービス研究における彼の功績はよく知られている

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ