pagetop

本 軽度発達障害児の理解と支援 子どもと家族への実践的サポート

ほしい!に追加 twitter
本-軽度発達障害児の理解と支援 子どもと家族への実践的サポート
著者: 降籏志郎 (編著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784772408394
版型 --
ページ数 310P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

降籏志郎 OFF

内容紹介

本書は、軽度発達障害を正しく理解し、支援の輪を拡げる目的で編まれたものであり、学校や地域の養護施設で働く臨床家や家族のために軽度発達障害児への治療教育的な発達支援の実際を事例をあげてわかりやすく解説した実践的指導書である。
特に現在緊急の対策が望まれている学校現場における具体的な支援と教育の進め方に重点を置き、また健診による障害の早期発見、地域で支えていくためのプログラム、さらに当事者からの論考までも収録した。
心理臨床家、精神科医、教員、保育士、保健師等、軽度発達障害児にかかわるすべての専門職のために実地で役立つ多くの知見を提供するガイドブックである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

軽度発達障害をもつ子どもたちの心を支える/発達臨床心理学からみた軽度発達障害児の療育支援―感覚と運動の高次化の視点から/落ち着きのない子どもたち―ADHDの治療/学習障害(LD)の診断/アスペルガー症候群の診断と対応/アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害のための援助/これからの軽度発達障害児の教育の進め方―特にアスペルガー症候群および高機能自閉症の指導について/健診における広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害の早期発見/教室の中での軽度発達障害児への対応と援助/学校におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症/地域での集団活動による発達支援の実践から/当事者からのお願い―学校における高機能自閉症児への対応/ライフサイクルに合わせた地域発達援助システムづくり

著者情報

降籏 志郎
1971年上智大学心理学科卒業。警視庁少年第一課新宿少年センター、長野県警察本部少年課、長野県立こども病院勤務を経て、2000年4月、長野県穂高町に「ふりはた子どもの輝き相談所」開設。2003年清泉女学院大学教授。専攻は臨床心理学、カウンセリング、コミュニティ心理学、犯罪心理学。臨床心理士

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ