pagetop

本 DVにさらされる子どもたち 加害者としての親が家族機能に及ぼす影響

ほしい!に追加 twitter
本-DVにさらされる子どもたち 加害者としての親が家族機能に及ぼす影響
著者: ランディ・バンクロフト (著)
ジェイG.シルバーマン (著)
幾島幸子 (訳)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2004年 07月
ISBNコード 9784772408318
版型 --
ページ数 206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ランディ・バンクロフト OFF
ジェイG.シルバーマン OFF
幾島幸子 OFF

内容紹介

本書では、これまで個別の問題として扱われてきたDVと児童虐待を包括的に捉え、DV加害者の親としての態度や行動に注目することで、それがどのように子どもの日常生活を侵食し、家族機能全般にいかなる波紋を及ぼすかを浮き彫りにしている。
さらに、子どもが被る短期的・長期的影響を詳細に分析し、加害者が子どもに与えるリスクの評価と、加害者の変化を判定するための実用的な指針を提示したうえで、子どもの回復には母親である被害女性のエンパワメントが必要であると説く。
DVや児童虐待に関わる相談機関のカウンセラーやソーシャルワーカーはもとより、児童福祉、司法や警察、医療機関の関係者などにとって、今後の支援の重要な方向性を指し示す一書である。
北米児童福祉リソースセンター2004 Pro Humanitate Literary Award受賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ドメスティック・バイオレンスの加害者とは?/第2章 「力」を行使する親―加害者の子どもへのかかわり方/第3章 衝撃波―加害者が家庭に及ぼす影響/第4章 近親姦を犯すDV加害者/第5章 回復を阻害するもの―親権および面接交渉権の訴訟における加害者/第6章 親としての加害者についての誤解―広く普及しているアセスメント理論への批判/第7章 回復への支援―加害者が子どもに与えるリスクの評価と面会プランの設定/第8章 変化は本物か?―加害者の親としての変化を評価し促進する/第9章 加害者の親としてのあり方について専門家の対応を改善する

著者情報

ジェイ G.シルバーマン
ハーバード大学公衆衛生学部助教授、同大学公衆衛生臨床学科暴力防止プログラム・ディレクター。発達心理学が専門。臨床家として加害者カウンセリングに携わるほか、研究者としての業績多数。研究テーマは、多文化社会と暴力、DV被害女性の健康問題と受診行動、DV被害女性の親権訴訟における経験と裁判での行動など
ランディ・バンクロフト
加害者カウンセリング専門家。臨床スーパーバイザー。DVがある家庭に育った10代の男児のためのグループ治療を行っているほか、親権評定者、児童虐待調査官としても精力的に活動
幾島 幸子
早稲田大学政治経済学部卒業。翻訳家

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ