pagetop

本 非行臨床の焦点

ほしい!に追加 twitter
本-非行臨床の焦点
著者: 生島浩 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2003年 04月
ISBNコード 9784772407762
版型 --
ページ数 161P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

生島浩 OFF

内容紹介

少年による衝撃的な犯罪の頻発を契機に少年法が全面的に改正された。
著者はまず、新しい少年法のもとでの非行臨床現場の現状と実践課題に焦点を当て、非行臨床の専門性確立のための視点を提供する。
そして司法・行政・教育・医療・福祉など広範な領域にまたがった活動を要請される非行臨床の長年にわたる実務経験を踏まえて、具体的な事例をもとに少年たちのより有効な立ち直りへの道筋を探究している。
そこでは問題を抱えた子どものみならず家族や彼らが生活する地域社会への援助、さらには犯罪被害者へのケアも求められており、さまざまな領域・対象への心理的援助の実際と問題点が詳述されている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 改正少年法と非行臨床機関―非行少年はどのように扱われるのか/第2章 少年非行の動向と非行臨床の今日的課題/第3章 司法・矯正領域における心理臨床モデル/第4章 非行臨床における家族問題への対応―家庭崩壊と家庭内暴力を中心に/第5章 非行臨床における心理教育的アプローチ―保護観察所における「家族教室」の試み/第6章 学校心理臨床における非行問題―保護者へのサポートを中心に/第7章 非行少年の被害体験と贖罪―非行臨床におけるトラウマへの対応/第8章 少年非行と行為障害―精神障害を抱えた非行少年への対応/第9章 凶悪な少年は立ち直れるのか―重大な非行への対応

著者情報

生島 浩
1956年東京に生まれる。1979年一橋大学社会学部を卒業し、法務省に入省。東京及び横浜保護観察所の保護観察官などを経て、1992年筑波大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻修了。1996年法務省法務総合研究所研究部室長研究官。2000年法務省浦和保護観察所観察第一課長。現在、福島大学大学院教育学研究科教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ