pagetop

本 ADHD臨床ハンドブック

ほしい!に追加 twitter
本-ADHD臨床ハンドブック
著者: 中根晃 (編)
定価 ¥4,536(税込)
BOOKFANポイント: 210 pt
or
Tポイント: 126 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
金剛出版
発行年月
2001年 10月
ISBNコード
9784772407144
版型
--
ページ数
262P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中根晃 OFF

内容紹介

本書は、子どもの治療・療育に長年携わってきた著者たちによって、本邦における注意欠陥多動性障害(ADHD)に対する医学と教育からの最新の知見と、最良のアプローチを呈示するものである。
ADHDには、落ち着きのなさや、注意集中の困難、衝動性、学習の困難、反抗的行動など、さまざまな病態が見られる。
こうした症状は、薬物療法によって改善される例が多いものの、以前に培われてしまった教育の遅れや、自尊心の低さなど、発達的な問題も発生してしまうため、ADHDを持ってしまった子どもたちへの対応は、医学的な見地と教育的な見地の両面から行う必要が出てくる。
医師、教育者、心理療法家、研究者といった多方面の筆者たちの手によって、ADHDの知識と臨床実践、療育方法が多彩かつ多面的に描き出されており、ADHD臨床における豊富な知識を提供することだろう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 ADHDの臨床―教育への情報提供をめざして(ADHDの臨床像(精神医学/小児科学)/成人期のADHD/ADHDと学習障害/ADHDの行動合併症/ADHDの治療/アメリカにおけるADHD治療)/2 ADHD教育の実際―臨床との情報交換を求めて(小学校でのADHD/中学生時期のADHD/学童期のグループ指導/教育と医療の連携)/3 ADHDの研究―臨床現場への架け橋(ADHDへの臨床研究総論/ADHDと脳科学/脳の発達とADHD―極低出生体重児の追跡研究から/ADHDと持続的処理課題/非線型現象としてのADHDの理解/小児精神科と医療倫理―ADHDをめぐって)

著者情報

中根 晃
元東京都立梅ヶ丘病院院長、元実践女子大学教授、医学博士。1931年横浜市に生まれ。1957年東京医科歯科大学医学部卒。東京都立梅ヶ丘病院院長を経て、実践女子大学教授。現在は、東京都総合精神医学研究所に所属。他に東京医科歯科大学、東邦大学、上智大学、白百合女子大学などで非常勤講師を歴任
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

大人の科学マガジン 小さな活版印刷機

大人の科学マガジン編集部(編)


薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

児島悠史(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ