pagetop

本 「治療不能」事例の心理療法 治療的現実に根ざした臨床の知

ほしい!に追加 twitter
本-「治療不能」事例の心理療法 治療的現実に根ざした臨床の知
著者: バリーL.ダンカン (著)
児島達美 (訳)
日下伴子 (訳)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2001年 06月
ISBNコード 9784772406994
版型 --
ページ数 237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

バリーL.ダンカン OFF
児島達美 OFF
日下伴子 OFF

内容紹介

「治療不能」だとみなされたクライエントたちに、いかに対応し、いかに治療可能にするのか?―本書は、治療者ならだれもが感じている、この単純で、かつ無力感に打ちのめされそうな問題にひとつの解答を見出したものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 実験および実証的研究(治療不能の法則を変える/治療をクライエントの枠組みに適合させること―実証的な検討)/第2部 臨床方法(治療不能との作業―セラピストが考慮すべきこと/治療不能なケースとの会話―不可能を可能にする/探求し、発見し、そして承認すること―ナタリーのケース)/第3部 臨床への応用(ケース:解離性同一性障害―「お恵みのコラージュ」/ケース:妄想性障害―「なんとか退職まで」/ケース:境界性人格障害―「私のどこがおかしいのか」)/第4部 終章(実行不能―別の道を選ぶ)

著者情報

児島 達美
上智大学大学院博士課程単位取得退学。現在、長崎純心大学人文学部教授、同心理教育相談センター長
日下 伴子
University of the Pacific,Counseling Psychology,Ed.D.取得。竜美ストレス心療クリニックで臨床心理士を経て、現在、ならい公園心療内科で臨床心理士、竜美ヶ丘カウンセリング研究所で臨床心理士兼所長

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ