pagetop

本 いのちとこころのカウンセリング 体験的フォーカシング法

ほしい!に追加 twitter
本-いのちとこころのカウンセリング 体験的フォーカシング法
著者: エルフィー・ヒンターコプフ (著)
日笠摩子 (訳)
伊藤義美 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金剛出版
発行年月 2000年 09月
ISBNコード 9784772406604
版型 --
ページ数 197P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

エルフィー・ヒンターコプフ OFF
日笠摩子 OFF
伊藤義美 OFF

内容紹介

フォーカシングは、人の心の気がかりの深い核心にすばやく寄り添うことができ、それは宗教の問題をはじめとする精神的危機状態、苦悩の極限状態など、心の深い問題を抱えた人たちの援助においてとくに大きな力を発揮する。
本書は、自分探しの旅からジェンドリンの体験的フォーカシング法に出会った著者による技法としてのフォーカシングの具体的実践的指導書である。
本書を読み進むうちに読者は、フォーカシングの基本的な考え方やその進め方を自然に身につけることができるだろう。
危機状態にある人にとどまらず、高齢者の心のケアの場など心の援助の専門家への要請が高まるなかで、治療技法の枠にとらわれることなくどんな心理療法とも併用可能なフォーカシングの臨床的応用の広がりを予感させる貴重な一書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

意味を求めて―私の旅/魂の健やかさとフォーカシング/霊的体験を定義する/フォーカシングを通して霊性を統合する/フォーカシング的態度/適度な距離を保つこと/フォーカシングと内なる批評家/フォーカシングの6つのステップ/問いかけ/霊的プロセスとの取り組み〔ほか〕

著者情報

エルフィー・ヒンターコプフ
国際的に活躍するワークショップ指導者であり、また専門カウンセラーの資格を持ち、テキサス州オースティンで開業しています。文化人類学修士とカウンセリング心理学博士でもあります。彼女は、シカゴ大学で体験的フォーカシング法をその創始者であるユージン・ジェンドリン博士(Eugene Gendlin)から学び、20年以上にわたってフォーカシングを教えています。また、フォーカシングに関する雑誌論文も多数あります。ヒンターコプフ博士は、長年にわたって大学院レベルでのカウンセリング心理学の教育にあたっていました。国立精神保健研究所の研究企画の指導も行い、インドで平和部隊のボランティアに関わった経験も持っています。また、アメリカ・カウンセリング学会の全国レベルでの発表も行い、同学会のカウンセリングにおける霊的倫理的宗教的価値に関する研究会の助成金を受けて研究を重ねてきました。『いのちとこころのカウンセリング―体験的フォーカシング法』はその成果です
伊藤 義美
1979年名古屋大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育心理学)。現在、名古屋大学情報文化学部・同大学院人間情報学研究科教授。主な著訳書に「フォーカシングの空間づくりに関する研究」「パーソンセンタード・アプローチ:21世紀の人間関係を拓く」(共編著)、「現代人の心の健康」(共著)、「フォーカシング指向心理療法下」(共訳)がある
日笠 摩子
1985年東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程修了。現在、大正大学人間学部助教授。主な著訳書に「フォーカシング事始め」(共著)、「フォーカシング指向心理療法上・下」(監訳)、「フォーカシングガイド・マニュアル」「やさしいフォーカシング」(共訳)がある

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ