pagetop

本 北方植生の生態学

ほしい!に追加 twitter
本-北方植生の生態学
著者: 沖津進 (著)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 古今書院
発行年月 2002年 12月
ISBNコード 9784772270038
版型 --
ページ数 212P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

沖津進 OFF

内容紹介

本書では、極東ロシアの植生景観を紹介し、さらに、関連の深い北海道の植生について極東ロシアからみた植生地理学的位置づけや成立過程を展望する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 極東ロシアの植生景観(極東ロシアの自然環境/シホテ‐アリニ山脈の植生/サハリンの森林/マダガン州のグイマツ‐ハイマツ林の分布/カムチャツカ半島中部の森林限界付近の植生/北千島パラムシル島エベコ山の植生/極東ロシアにおける森林の分布と境界決定機構)/第2部 極東ロシアからみた北海道の植生地理学(北海道の針広混交林の植生地理学的位置づけと成立機構/エゾマツ‐トドマツ林の植生地理学的位置づけと成立機構/大雪山上部に分布する植物群落の植生地理学的位置づけ/極東ロシアの植生からみた最終氷期以来の北海道における植生変遷)

著者情報

沖津 進
千葉大学園芸学部教授。学術博士。1954年福岡生まれ。北海道大学農学部農業生物学科植物学専攻卒業、北海道大学大学院環境科学研究科環境保全学専攻博士課程単位取得満期退学。専門は植生学、植生地理学、植物生態学。日本列島の山岳、北方植生に関する動態、成立機構や植生地理学的位置づけについて、北東アジアの植生と比較・対比して、広い視点からフィールドワークにもとづく調査、研究を進めている。おもなフィールドは極東ロシア、とくにオホーツク海を取り囲むサハリン、沿海地方、マガダン、カムチャツカ半島、千島列島など。北極(スバルバール、エルズミア)、南極(第42次南極地域観測隊夏隊)やナミブ砂漠などの極限環境での調査経験も持つ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ