pagetop

本 地域研究のためのGIS

ほしい!に追加 twitter
本-地域研究のためのGIS
著者: 水島司 (編)
柴山守 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 古今書院
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784772252331
版型 --
ページ数 206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水島司 OFF
柴山守 OFF

内容紹介

第1部では、いくつかの研究分野でGISの入り口に向かおうとする学生や研究者に、執筆者それぞれの研究の過程で、なぜGISを利用することになったのか、実際に利用するなかでどのような問題や限界に直面したのか、各専門分野においてGISにはどのような意義があるのかなどが記述されている。
第2部では、GISを実際に分析のツールとして利用した場合に、どのような研究成果が出るのか、GISによって得られた新たな知見を明確に記述。
第3部では、GISを実際に利用する際に知っておくべき基本的な用語、手順、道具、考え方などについて解説している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 なぜGISを使うのか(新たなる問題の発見―歴史研究とGIS/ベースマップ作成と情報の地図化―地域研究とGIS/土地利用データ管理と活動データの収集―生態人類学とGIS/地域データベースの構築と利用―地理学とGIS/空間理解から字空間理解へ―情報とGIS)/第2部 GISを使った地域研究の実際(市場経済化する中国農村の土地利用変化/18・19世紀南インドの社会変化/1つの村の水稲収量図から社会の変化を読み取る―東南アジアの農業発展/中央アジアの動態を読む―GISによる地域研究の試み/19-20世紀ハノイの都市形成と変容/GISのインド下院選挙分析への適用)/第3部 GIS構築の基礎(ベースマップの準備と主題図作成/既存データの活用と空間分析/GISを効率よく利用するための知識)

著者情報

柴山 守
京都大学東南アジア研究所・教授。1947年生まれ。立命館大学理工学部卒業、工学博士(京都大学)。専攻:地域情報学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
水島 司
東京大学大学院人文社会系研究科・教授。1952年生まれ。東京大学文学部、同大学院修士課程修了、博士(文学)。専攻:南アジア近現代史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ