pagetop

本 民俗医療の人類学 東南アジアの医療システム

ほしい!に追加 twitter
本-民俗医療の人類学 東南アジアの医療システム
著者: 吉田正紀 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
古今書院
発行年月
2000年 06月
ISBNコード
9784772214537
版型
--
ページ数
206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田正紀 OFF

内容紹介

筆者はインドネシアの北スマトラ州デリー・スルダン県トビン・ティンギ市およびその近郊農村において、多民族地域における民俗治療者(dukun)とその患者の相互作用について調査・研究を続けてきた。
調査地が位置する北スマトラ海岸部は、19世紀末から煙草、ゴム、カカオ、茶、シザル麻、油やしなどのプランテーションが発展し、労働者が多数流入して、多民族社会が形成された地域である。
ジャワ人のほか、マレー、カロ・バタック、マンダイリン・バタック、トバ・バタック、シマルングン・バタック、ミナンカバウ、アチェ、バンジャールなどの民族集団が居住しており、それぞれ独自の文化を携えている。
以上のような状況の中で、民俗医療文化が相互に交流する舞台が設定される。
本書では、そのような地域的状況の中で、個々の民俗医療システムの中核をなす民俗治療者が、異なった民俗医療システムにどのように対応しながら、自らの医療行為を実現しているのか明らかにしたい。
また複数医療システムの状況下で、なぜ患者は民俗治療者を利用するのか。
また自らの民族の境界を超えるのはどのような状況においてであるのか、患者の医療行動を考察したい。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 東南アジアの民俗医療システム/2 多民族地域の民俗治療者/3 ジャワ人移民と民俗治療者/4 文化的病気と疾病行動―北スマトラのジャワ人の事例から/5 複数医療システムの利用―北スマトラの事例から

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
いよいよ最終週!真夏のポイント50倍カーニバル!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

過去問題で学ぶQC検定3級 17~22回 2017年版

仁科健(監修)


身近な人が亡くなった後の手続のすべて

児島明日美(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ