pagetop

本 外部の世界 アウトサイド 2

ほしい!に追加 twitter
本-外部の世界 アウトサイド 2
著者: マルグリット・デュラス (著)
クリスティアーヌ・ブロ・ラバレール (編)
谷口正子 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
国文社
発行年月
2003年 07月
ISBNコード
9784772005029
版型
--
ページ数
309P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

マルグリット・デュラス OFF
クリスティアーヌ・ブロ・ラバレール OFF
谷口正子 OFF

内容紹介

本書は、『アウトサイド』と同じく、新聞雑誌に掲載された記事、手紙、序文、その他の文章が収録され、1962年から1993年にかけて発表され、他は未発表の文である。
…あるものは政治的・社会的事件から憤慨のあまり生まれ、あるものはデュラスが愛した映画、長い間眺めてきた絵画、出会い、ある孤独の夕べから生まれている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ラ・ロッカ・ビアンカ/撮り直し/大西洋の黒/パスカル/フロベールは…/ラシ・センターへの手紙/目の中の死/ラルフ・ギブスン/ヴェルサイユでのパラティナ王女、ある王家のポートレート/フランスとは何か〔ほか〕

著者情報

マルグリット・デュラス
1914年仏領時代の南ベトナムで生まれ、同地で少女時代を送る。1932年フランスに帰国、パリ大学で数学と法律を学ぶ。1939年ロベール・アンテルムと結婚、子どもをもうけるが出産後死亡。1943年レジスタンス運動に参加。1946年離婚。1947年ディオニス・マスコロとの息子ジャン誕生。1950年『太平洋の防波堤』で作家としての地位を確立。その後多くの作品を発表、映画監督としても活躍する。1980年当時学生だったヤン・アンドレアを知り、以後共に暮らす。1982年アルコール中毒のため治療を受ける。1984年『愛人』がベストセラーとなり、ゴンクール賞受賞。1996年3月パリの自宅で死去
谷口 正子
1963年早稲田大学大学院博士課程単位取得。78年パリ第4(ソルボンヌ)大学で博士号取得。フランス文学専攻。元共立女子大学教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ