pagetop

本 知恵と工夫の学校経営 ICTの活用による「協育」と校務の情報化

ほしい!に追加 twitter
本-知恵と工夫の学校経営 ICTの活用による「協育」と校務の情報化
著者: 井上志朗 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 高陵社書店
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784771108646
版型 --
ページ数 1冊
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

井上志朗 OFF

内容紹介

「よいとこみつけ」、ノーチャイム、ペーパーレス会議、知恵と工夫+ICTで学校が、子どもが、地域が変わる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 学校経営の考え方(「やる気」「本気」「元気」を燃やす/教師の仕事、校長の仕事は何? ほか)/第2章 学校経営に発想の転換を(知恵をしぼり、ゆとりを生み出す工夫をする/学校の組織づくりを工夫する ほか)/第3章 知恵と工夫の限界をICTで補う(ICTを適材適所に配置することでゆとりを生む/効率化することで心がこもる―「よいとこみつけ」の登録と通知表作成の場合 ほか)/第4章 機械(ICT)に使われないために(いつも、はじめに人ありき/若い先生は子どもたちに、年配の先生はPCに向かえ ほか)/付録 参考資料(京町小学校で使用しているソフトウェア)

著者情報

井上 志朗
1949年岐阜市生まれ。1972年より岐阜県公立小中学校及び岐阜大学教育学部附属中学校の理科担当教諭、岐阜県教育事務所学校教育課指導主事、岐阜県教育委員会学校指導課指導主事(理科・環境・情報教育担当)を経て、1997年4月より岐阜大学教育学部附属中学校副校長、岐阜県各務原市立那加中学校長、2005年4月より岐阜県岐阜市立京町小学校長。現在に至っている。情報教育担当指導主事時代に、岐阜県教育ネットワーク(SMILE)の構築や県内全小中学校・高等学校へのインターネット接続を全国に先駆けて行った。附属中学校ではペーパレス会議、家庭とのインターネットによる連携など、学校の情報化に向けて様々な試みを行い、現在は「ICTの活用による協育」と「校務の情報化」の推進をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ