pagetop

本 ソーシャルスキルと職業性ストレス 企業従業員の臨床社会心理学的研究

ほしい!に追加 twitter
本-ソーシャルスキルと職業性ストレス 企業従業員の臨床社会心理学的研究
著者: 田中健吾 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
晃洋書房
シリーズ名
大阪経済大学研究叢書 第66冊
発行年月
2009年 10月
ISBNコード
9784771020887
版型
--
ページ数
179P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田中健吾 OFF

目次

第1部 ソーシャルスキルと職業性ストレス研究の理論的背景(企業従業員の職場不適応に関する研究/ソーシャルスキルと心理学的ストレスモデル/ソーシャルスキルと職業性ストレスに関する研究の問題点)/第2部 ソーシャルスキルの心理的ストレス低減効果の検討(企業従業員用ソーシャルスキル尺度の構成/イベント型および慢性型職場ストレッサーとソーシャルスキルの関連(研究1)/ソーシャルスキルと慢性型職場ストレッサー・心理的ストレス反応との関連(研究2)/ソーシャルスキルとイベント型職場ストレッサー・ストレス反応との関連(研究3)/ソーシャルスキルがソーシャルサポート・コーピングの選択に与える影響(研究4)/ソーシャルサポートとコーピング・心理的ストレス反応との関連(研究5)―職場ストレッサーの種類別による検討/ソーシャルサポートを媒介したソーシャルスキルの心理的ストレス反応低減機能に関する検討1(研究6)/ソーシャルサポートを媒介したソーシャルスキルの心理的ストレス反応低減機能に関する検討2(研究7)/ソーシャルスキル・コーピング方略の組み合わせが心理的ストレス反応に及ぼす影響(研究8))/第3部 ソーシャルスキルと職業性ストレスとの関係(ソーシャルスキルが心理学的職場ストレス・プロセスに及ぼす影響について/コーピングを中心とした心理学的職場ストレスモデルにおけるソーシャルスキルの位置づけについて/今後の課題)

著者情報

田中 健吾
1974年和歌山市生まれ。1998年早稲田大学人間科学部卒業。2000年東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了。2005年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。早稲田大学第一文学部助手、早稲田大学第二文学部非常勤講師、大阪経済大学経営学部専任講師を経て、現在、大阪経済大学経営学部および大学院経営学研究科准教授、甲南大学EBA高等教育研究所非常勤講師、博士(文学)(早稲田大学)、臨床心理士、認定心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

場面設定類語辞典

アンジェラ・アッカーマン(著)


なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

岩本武範(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ