pagetop

本 アメリカ型市場原理主義の終焉 現代社会と人間のゆくえ

ほしい!に追加 twitter
本-アメリカ型市場原理主義の終焉 現代社会と人間のゆくえ
著者: 山本武信 (著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
シリーズ名 阪南大学叢書 86
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784771020184
版型 --
ページ数 266,13P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山本武信 OFF

内容紹介

マネーゲームで新自由主義を謳歌していたアメリカ社会。
サブプライムローンなどの債権の証券化で膨らんだバブルは、一瞬で弾け、あっさりと世界を金融恐慌に陥れた。
本書では、「人間」としての視点より、毀誉褒貶の激しい市場原理主義へ警鐘を鳴らす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 グローバル社会の地平―競争か平等か/第2章 現代社会の実像と諸相―市場原理主義の限界/第3章 逆流する現代文明―未来からの警鐘/第4章 マネーゲームの終焉―通貨の社会学/第5章 ネットの進化と人間の退化―情報の倫理学/第6章 ガイアの未来―ブレークスルーへの道

著者情報

山本 武信
1954年福岡県出身。九州大学文学部哲学科卒業。共同通信社ボン特派員、フランクフルト支局長、大同工業大学教授を歴任、2005年4月から阪南大学教授。2009年4月、山梨県立大学国際政策学部教授に就任予定。2006年2月から共同通信社「にっぽん診断」コラムニストを兼務。この間、欧州、アジア、オセアニアなど世界50カ国で取材。ゴルバチョフ元ソ連大統領らの要人とインタビューした。専門はメディア社会論、国際ジャーナリズム論、国際関係論、現代文明論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ