pagetop

本 国際関係とメディアクライシス 地球共生コミュニケーションの座標軸

ほしい!に追加 twitter
本-国際関係とメディアクライシス 地球共生コミュニケーションの座標軸
著者: 山本武信 (著)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
シリーズ名 阪南大学叢書 80
発行年月 2007年 01月
ISBNコード 9784771018204
版型 --
ページ数 263,11P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山本武信 OFF

内容紹介

米国が主導するIT革命と市場経済は人類に多くの可能性や利便性を提供する半面、人類の存亡に関わるグローバルな命題を鋭く突きつけている。
グローバル化とは裏を返せば、良いことも悪いことも地球規模で連鎖反応するということである。
光の部分と同様、影としての危険因子はグローバルに拡散し、世界を揺るがす。
21世紀における最大の命題は、文明の衝突か共生か、である。
文明の共生に向けて、メディアは何をなし得るのか?「地球時代のコミュニケーション」という視点から現代世界の深層を多角的に解明、マクロ危機の構図を浮き彫りにするとともに、メディアクライシスの諸相を具体的に分析し、共生社会への道を提示した警世のメディア論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 二一世紀グローバル社会の命題と方向性/第2章 文明の共生とメディアの役割/第3章 メディアの座標軸―『人間の大地』の思想/第4章 世界経済とメディアの興亡/第5章 IT文明下のメディアクライシス/第6章 グローバル時代の報道クライシス/補遺 グローバルメディアの商業主義的偏向・その構造と影響―ベルリンの壁崩壊から米同時テロ・イラク戦争までの10年

著者情報

山本 武信
1954年福岡県出身。九州大学文学部哲学科卒業。共同通信社ボン特派員、フランクフルト支局長、経済部次長、大同工業大学教授を歴任、2005年4月から阪南大学国際コミュニケーション学部教授。2006年2月から共同通信社「にっぽん診断」コラムニストを兼務。専門はメディア論、ジャーナリズム論、国際関係論、文章表現法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ