pagetop

本 知っておきたい金融論 バブル後日本の金融の大きな変化

ほしい!に追加 twitter
本-知っておきたい金融論 バブル後日本の金融の大きな変化
著者: 安孫子勇一 (著)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 130 pt
or
Tポイント: 78 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2006年 07月
ISBNコード 9784771017634
版型 --
ページ数 251P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安孫子勇一 OFF

内容紹介

知っているようで知らないバブル後の日本の金融。
大きく変わった仕組みや金融政策を、元日銀マンがわかりやすく解説。
ニュースの背後にあるメカニズムが面白いほどよくわかる!時代の先端を走る銀行マン、証券マンには必読の一冊!また、賢い借り手や、役に立つ社会人に必要な心構えも紹介。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1章 日本の金融の大まかなしくみと役割/2章 日本の金融市場1―伝統的な金融市場/3章 日本の金融市場2―新しいタイプの金融市場や監督・規制/4章 日本の相対取引1―バブルの発生と崩壊/5章 日本の相対取引2―バブル後の問題と対応策/6章 日本の相対取引3―新しい可能性/7章 貨幣と金融政策の基礎/8章 量的緩和政策と金融政策論議/9章 21世紀を生きる皆さんへ

著者情報

安孫子 勇一
1959年愛媛県生まれ、香川県育ち。1982年東京大学経済学部卒業。1982年日本銀行に入る(~2002年まで勤務)。この間1986~88年米国Yale大学大学院留学(M.A.)。1996~98年郵政省郵政研究所に出向。2002年大阪大学大学院経済学研究科講師。2004年近畿大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ