pagetop

本 多神教世界における日常の法

ほしい!に追加 twitter
本-多神教世界における日常の法
著者: 河上倫逸 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
晃洋書房
発行年月
2005年 11月
ISBNコード
9784771016798
版型
--
ページ数
267P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

河上倫逸 OFF

内容紹介

西欧の「普遍」が問い直され、多神教の神々が甦る世界の中で「法」は何を守り得るのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 多神教世界と異文化間の相互理解(多神教世界は甦り得るか―もう一つのヨーロッパ/国民国家の終焉―ドイツの意識変化に見る ほか)/1 国際法の歴史と生ける法(国際法の歴史から「世界法」の構築へ/ドイツ国歌とマルク最高額紙幣の図柄―「来るべき文化のライヒ」 ほか)/2 反近代人の自立と異文化(反近代人の自律―『ガリヴァー旅行記』から/帝都ベルリンの風景 ほか)/3 諸文明の時代の法(諸文明の時代の人権/国際機構と戦争と民族問題―あるユダヤ系法学者の見解を念頭に置きつつ ほか)/4 時間の中での生と死(幽明の境を超えて―上田秋成・菊花の契り/死を考える ほか)

著者情報

河上 倫逸
1945年生まれ。現職、京都大学大学院法学研究科教授。専攻、法制史・法思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

場面設定類語辞典

アンジェラ・アッカーマン(著)


なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

岩本武範(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ