pagetop

本 対論・日本のマスメディアと私たち

ほしい!に追加 twitter
本-対論・日本のマスメディアと私たち
著者: 野田正彰 (著)
浅野健一 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2005年 09月
ISBNコード 9784771016774
版型 --
ページ数 197P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野田正彰 OFF
浅野健一 OFF

目次

序章 JR福知山線脱線事故の報道被害(検証・JR脱線事故/同志社大学の学生が受けた集団取材被害 ほか)/第1章 新しいジャーナリズムを創るために(歴史を振り返るということ/新聞記者の現在 ほか)/第2章 朝鮮拉致問題をめぐって(平壤宣言の意味/小泉首相による第二回訪朝の意味―二〇〇四年七月、曽我さんの家族が戻ってきて)/第3章 犯罪報道のあり方―ジャーナリズム・司法・医療を問う(附属池田小学校事件を発端にして/貧困な医療体制の充実こそが先決)/第4章 国家主義はふたたび進む(国家主義の犠牲者がでている/イラク日本人拘束事件と日本的家族国家主義 ほか)

著者情報

浅野 健一
1948年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。72年、共同通信社入社。94年3月末、共同通信を退社。1994年度より同志社大学文学部社会学科(現・社会学部メディア学科)新聞学専攻教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
野田 正彰
1944年生まれ。北海道大学医学部卒業。長浜赤十字病院精神科部長、神戸市外国語大学教授などを経て、2004年度より関西学院大学教授。専攻は比較文化精神医学。主な著書に『コンピュータ新人類の研究』(文藝春秋、1987年、大宅壮一ノンフィクション賞)『喪の途上にて』(岩波書店、1992年、講談社ノンフィクション賞)など

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


ランキング一覧へ