pagetop

本 市民的国民国家の形成と宗教政策

ほしい!に追加 twitter
本-市民的国民国家の形成と宗教政策
著者: 岸本建夫 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2005年 04月
ISBNコード 9784771016361
版型 --
ページ数 192P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岸本建夫 OFF

内容紹介

国家・人権・民主主義・政教分離…これまでさまざまに議論されてきた問題群。
しかし、21世紀をむかえニホン社会が大きく転換し、変質しつつあるいま、これまでの理論枠組みは通用しなくなっている。
これまでの物の見方を一度「ご破算」にし、ニホンに新たに生まれつつある市民により、真の国づくりを考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 知識・技術集約社会への移行と市民の形成(労働集約的発展段階と人口急増/知識・技術集約的発展段階と産業構造の高度化 ほか)/第2章 自給自足経済に対応する多神教と貨幣・商品経済に対応する一神教(貨幣・商品経済の自給自足経済に対する優位性の真偽/古代貨幣・商品経済社会と一神教/自給自足経済と多神教(自然信仰)/プロテスタンティズムと資本主義/資本主義システムの新しい課題)/第3章 天皇制と国家祭祀としての皇室神道(国教を持つ近代国家/天皇制と国家神道の形成/近代国家における皇室と建国神話の役割/新たな国教としての神道/国家祭祀としての皇室神道―神社神道との完全分離)/第4章 市民的国民国家の使命(国民国家の血ぬられた歴史―版図の拡大と先住民族・植民地の支配/ニホンの植民地支配の特徴―上位文化の支配 ほか)

著者情報

岸本 建夫
立命館大学政策科学部教授、日本ローマ字会理事、カナモジ会評議員、野洲東西医学融合センター研究会事務局長。慶応大学経済学部および経済学研究科(修士)において中国などの社会主義を研究。1974年に卒業後、日本長期信用銀行に勤務。ニューヨーク支店、北京事務所などで営業を担当する一方、国際金融情報センター、中東経済研究所などで調査・研究にも従事した。1994年より現職。金融研究、東洋医学と西洋医学の融合のプロジェクト推進、日本語の普及活動など幅広い分野で活躍している

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ