pagetop

本 形而上学と宗教についての対話

ほしい!に追加 twitter
本-形而上学と宗教についての対話
著者: ニコラ・マルブランシュ (著)
井上龍介 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784771016309
版型 --
ページ数 306,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ニコラ・マルブランシュ OFF
井上龍介 OFF

目次

魂について、また魂が身体から区別されること。諸観念の本性について。われわれの身体が住まう世界、そしてわれわれが眼差す世界は、われわれが見る世界とはまったく異なること。/われわれは神において一切事物を見ることができる、また、有限者は神を表象することができない。したがって、神を思惟するというだけで、神が有ることを知るには十分である。/われわれの感覚と諸観念との間にある差異について。事物は、それを表象する観念によってのみ判断すべきこと、また、感覚の現前に際して、あるいは感覚を機会としてわれわれが触発される、そうした感覚によっては事物をけっして判断すべきでないこと。/自然および諸感官の特性についての一般論。心身結合の法則の英知について。この結合が最初の人間の罪過によって隷属に変わったこと。/諸学における感官の使用について。われわれの感覚のうちには、明晰な観念と乱雑な感覚とが含まれている。観念は感覚の一部ではない。精神を照明するのは観念であり、精神を働かせて注意深くさせるのは感覚である。なぜなら英知的観念が可感的になるのは、感覚を介してであるから。/啓示から引き出される、物体の存在証明。二種の啓示。感覚の自然的啓示がわれわれにとって誤謬の機会であるのはどうしてか。/自然的諸原因の非実効性“実効性の無さ”について、すなわち、被造物の無力さについて。われわれは無媒介かつ直接に神にのみ結合されていること。/神と神の属性について。/神はその自然本来の有り方にしたがって常に振舞う。神は、イエス・キリストにおける神の栄光のために万事をなした。そして神がその諸計画を立てるにあたっては、それらを達成する手段を考慮せずにはいなかった。/偉大さから見た神の壮麗について、また、神の無数の雑多な作品について。神が作品を保存し展開する手段の単純性と豊饒性について。神が物質に伝達する運動の最初の衝撃における神の摂理について。一般法則によって限定されていない、神の振舞のこの第一歩は、無限の英知により調節されていること。〔ほか〕

著者情報

ニコラ・マルブランシュ
1638年8月6日、パリに生まれる。1654年ラ・マルシュのコレージュに入学。1656年教養課程修了資格を得る。それから三年間ソルボンヌで神学を修める。1664年司祭に叙階される。数学およびデカルト哲学の研究に専念する。1674年『真理探究論―あるいは人間精神の本性を論じ、また諸学科における誤謬を避けるために人間が為すべき精神の用法を論じる』第一巻出版(パリ)。1699年『運動伝達の諸法則に関する論考』により、王立科学アカデミー会員に選出される。1709年『真理探究論』が禁書目録に載る。1715年10月13日死去
井上 龍介
1952年生まれ。1979年広島大学文学研究科博士課程単位取得退学。東亜大学総合人間・文化学部助教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ