pagetop

本 新時代の個別的労使関係論 社会・企業・個人間の調整システム

ほしい!に追加 twitter
本-新時代の個別的労使関係論 社会・企業・個人間の調整システム
著者: 野瀬正治 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2004年 05月
ISBNコード 9784771015364
版型 --
ページ数 186P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野瀬正治 OFF

内容紹介

本書では、新時代の企業と個人との調整のあり方(企業内、企業外での調整)について、第1章では、産業構造変化のなかで企業・個人間の関係変化を、8つの視点から検討する。
次いで第2章では企業内のトラブル状況を分析してその性質・特徴を明らかにし、解決のための調整をいかにすべきか、について論じる。
第3章では企業内トラブルの検討を踏まえたうえで、企業外に視点を移し、裁判所等における個別的労働紛争の状況、および裁判等における審理期間の状況、個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律施行後の状況、を把握し、さらに一方の当事者からのみであっても調整開始ができることの必要性や当事者出頭強制の必要性および企業・個人間の調整をめぐる諸問題を検討する。
また、第4章、第5章では、規制緩和が進み、わが国以上に自主的な調整方法が進んでいるイギリスおよびアメリカのシステムの検討をとおして、わが国への示唆を探る。
第6章では、企業内システムと企業外システムの関係および調整システム全体における各々の位置づけについて論じた後に、企業・個人間のわが国の新たな調整システムを提示する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 変化する企業と個人の関係/第2章 企業内でのトラブル調整/第3章 企業外でのトラブル調整/第4章 イギリスの企業・個人間の調整システム/第5章 アメリカの企業・個人間の調整システム/第6章 わが国における個人・企業間の新しい調整システム

著者情報

野瀬 正治
1956年福岡県生まれ。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程修了博士(国際公共政策)。株式会社日本総合研究所主任研究員を経て、2001年関西学院大学社会学部助教授。現在、関西学院大学大学院社会学研究科・社会学部助教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ