pagetop

本 消費者問題の理論と展開

ほしい!に追加 twitter
本-消費者問題の理論と展開
著者: 多田吉三 (著)
定価 ¥2,916(税込)
BOOKFANポイント: 135 pt
or
Tポイント: 81 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2002年 12月
ISBNコード 9784771014077
版型 --
ページ数 248P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

多田吉三 OFF

内容紹介

本書の特色は、消費者問題研究の第一人者である多田吉三先生のリーダーシップのもとで、消費者問題を構造的、理論的に捉えていること。
同時に実例を交えながら平易な文章で丁寧に展開していることである。
第1章は消費者問題とは何か、第2章はアメリカと日本の消費者問題の歴史、第3章は生産・流通過程で引き起こされる消費者問題、第4章は生活用品の安全性をめぐる問題、第5章は生活用品にかかわる情報―表示と広告の問題、第6章は近年増大している取り引きをめぐる消費者問題、第7章は日本の消費者保護政策と消費者運動、そして巻末に消費者問題年表と索引という構成である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 消費者問題とはなにか/第2章 消費者問題の歴史/第3章 生産システムと流通機構をめぐる消費者問題/第4章 生活用品の安全性をめぐる問題/第5章 表示の適正化と不当誘引の規制/第6章 生活用品の取引問題/第7章 消費者保護と消費者運動

著者情報

多田 吉三
1954年大阪市立大学家政学部社会福祉学専攻卒。大阪市立大学名誉教授。学術博士

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ