pagetop

本 デジタル・カルチャー 大衆娯楽のコンテンツをめぐって

ほしい!に追加 twitter
本-デジタル・カルチャー 大衆娯楽のコンテンツをめぐって
著者: アンドリュー・ダーリー (著)
荒木功 (訳)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
晃洋書房
発行年月
2002年 05月
ISBNコード
9784771013575
版型
--
ページ数
323P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アンドリュー・ダーリー OFF
荒木功 OFF

内容紹介

デジタル娯楽は、テレビゲームから体感シュミレーションに至るまで、今や民衆文化の中心的な特徴となっている。
コンピュータに基礎を置いた、あるいはデジタルによる技術は、テレビ、映画、ビデオといった伝統的な制作方法の地位を奪いつつあり、芸術の性格に対するその影響についても強い関心を呼び起こしている。
映画、ミュージック・ビデオ、コンピュータ・ゲーム、テーマパーク、体感シュミレーションを含む、広範なメディアの領域を横断して、デジタル画像の制作技法を検討することによって、本書は、進化を遂げつつあるデジタル技術と既存メディアとの関係を探求し、また、視覚文化の経験に対してこうした新たな画像形式が与える効果を考察しようとしている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 歴史(背景の物語―写実主義、シミュレーション、双方向性/系譜と伝統―民衆娯楽としての機械化されたスペクタクル/伝統の形成―現代の文脈)/第2部 美について(シミュレーションと超現実主義―コンピュータ・アニメーションとテレビ広告/物語の衰退―新たなスペクタクル映画とミュージック・ビデオ/「能記の時代」のデジタル画像)/第3部 観客(ゲームと体感物―イメージのサーフィン/表面的な遊びと消費の空間)

著者情報

アンドリュー・ダーリー
英国、サーリー芸術・デザイン研究所、批判・理論研究部門上級講師
荒木 功
1941年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。京都大学助手などを経て、現在、仏教大学社会学部教授。社会学、情報・コミュニケーション論
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ