pagetop

本 率先市民主義 防災ボランティア論講義ノート

ほしい!に追加 twitter
本-率先市民主義 防災ボランティア論講義ノート
著者: 林春男 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2001年 04月
ISBNコード 9784771012783
版型 --
ページ数 155P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林春男 OFF

内容紹介

大規模な災害が予想される21世紀の日本にあって、防災の主役は市民であるべきだ。
今、市民一人ひとりに求められているもの、それはボランティアという意識の高みへの到達。
率先市民とは、いち早くそのために動いた人間を指す。
ボランティアの未来がここにある。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1講 防災の主役は市民でなければならない。(社会の防災力が災害の大きさを決めている/防災とは外力を理解し社会の防災力を向上させること ほか)/第2講 ボランティアはどんな場面で活躍すべきなのか。(災害対応のために必要な四つの組織/時間経過に沿って浮かんでくる四種類の災害対応 ほか)/第3講 ボランティアの五大原則とは何か。(阪神・淡路大震災以前は、団体がボランティア活動のベースだった/自由意志に基づいた行動、それがボランティア活動 ほか)/第4講 防災ボランティアの目指すべき姿とは。(阪神・淡路大震災以降に見られる四つのタイプの防災ボランティア/一般ボランティアが発生する三つの条件とは ほか)

著者情報

林 春男
1951東京生まれ。1974早稲田大学文学部心理学科卒業。1976早稲田大学大学院修士課程修了。1979同博士課程修了。1979カリフォルニア大学ロスアンジェルス校(UCLA)大学院博士課程留学。1983同校博士号(PhD)修得。帰国後、弘前大学人文学部講師、助教授、広島大学総合科学部助教授、京都大学防災研究所地域防災システム研究センター助教授を経て現在、京都大学防災研究所巨大災害研究センター教授。社会心理学(災害時の人間行動・防災心理学)専攻。編訳著書に『先生、地震だ!』どうぶつ社、1986、『災害と人間行動』東海大学出版会、1987、『災害ストレス―心をやわらげるヒント』法研、1995、『巨大地震の予知と防災』創元社、1996、『地域防災計画の実務』鹿島出版会、1997ほか

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ