pagetop

本 カント道徳哲学研究序説 自由と道徳性

ほしい!に追加 twitter
本-カント道徳哲学研究序説 自由と道徳性
著者: 保呂篤彦 (著)
定価 ¥5,724(税込)
BOOKFANポイント: 265 pt
or
Tポイント: 159 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
発行年月 2001年 03月
ISBNコード 9784771012448
版型 --
ページ数 277,19P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

保呂篤彦 OFF

内容紹介

本書は、一九九一年、筑波大学大学院博士課程哲学・思想研究科に提出した学位請求論文「I・カントにおける道徳の基礎づけの理論と自由の概念」をもとにしている。
カントの道徳哲学に関する研究を目指す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 『純粋理性批判』の成立期(『純粋理性批判』における自由論/七〇年代における道徳法則の演繹と自由の演繹/『純粋理性批判』における道徳の基礎づけの理論)/第2部 『道徳形而上学の基礎づけ』における新しい試み(『基礎づけ』第三章の課題/『基礎づけ』第三章における論証の展開)/第3部 批判期道徳哲学の問題点と擁護の試み(道徳的に善い行為のみが自由な行為か?/カントは互いに矛盾する二つの自由概念をもっていたか?)

著者情報

保呂 篤彦
1960年大阪市生まれ。1983年筑波大学第一学群人文学類卒業。1991年筑波大学大学院博士課程哲学・思想研究科修了(文学博士)。現在、岐阜聖徳学園大学教育学部助教授。主論文に「思弁的問題としての超越論的自由?」(筑波大学哲学・思想学会編『哲学・思想論叢』第11号、1993年)、「ア・プリオリな実践的総合命題?」(『中部哲学会紀要』第25号、1993年)、「懺悔道から死の哲学へ」(日本宗教学会編『宗教研究』302号、1994年)。翻訳書にA.D.キング編『文化とグローバル化』(共訳、玉川大学出版部、1999年)、ヨアヒム・ヴァッハ著『宗教の比較研究』(共訳、法蔵館、1999年)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ