pagetop

本 フッサール現象学の理路 『デカルト的省察』研究

ほしい!に追加 twitter
本-フッサール現象学の理路 『デカルト的省察』研究
著者: 工藤和男 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 晃洋書房
シリーズ名 西洋思想叢書
発行年月 2001年 02月
ISBNコード 9784771012110
版型 --
ページ数 270,18P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

工藤和男 OFF

内容紹介

本論考の特徴は、『デカルト的省察』を一つの完結した全体として読み解くことである。
全集第一巻に収録された『デカカルト的省察』は、フッサールがほぼ二カ月で一気に書き上げ、ひとまず完結した著作と認めたものであり、むしろその思索のまとまりがフッサールの意図の一貫性を明瞭に示していると判断するからである。
本書の執筆に当たって自らに課したのは、自分の解釈に都合の悪い部分を素通りする逃避を自分に禁じて、ともかくこの著作全体を貫くフッサールの意図を確定することであった。
改めて確認できたのは、フッサールは驚くほど綱領的に一貫しており、しかも他の著作とも整合的に思索している、ということである。
本書の題を少々大仰に『フッサール現象学の理路』とした所以である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 現象学の理念と方法(デカルトから受け継ぐべきもの/明証という方法理念 ほか)/第2章 エゴの自己構成、世界と自我(エゴの解明という課題/意識の相関的研究 ほか)/第3章 相互主観的世界の構成(相互主観性論の構想と射程/他ナルエゴおよび共通の自然の構成 ほか)/第4章 根拠づけの現象学的理念(超越論的解明の必当然性/フィンク『第六省察』の問題提起 ほか)

著者情報

工藤 和男
1950年生まれ。同志社大学文学部卒業。同志社大学大学院文学研究科博士課程後期退学。現在、同志社大学文学部教授。博士(哲学)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ