pagetop

本 アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている 英語が話せない子どものための英語習得プログラム ライミング編 PHONEMIC AWARENESS

ほしい!に追加 twitter
本-アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている 英語が話せない子どものための英語習得プログラム ライミング編 PHONEMIC AWARENESS
著者: リーパーすみ子 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 径書房
シリーズ名 英語が話せない子どものため ライミング編
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784770502018
版型 --
ページ数 141P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

リーパーすみ子 OFF

内容紹介

英語が話せない・読めない・書けない子どもが急増している移民の国アメリカの小学校。
ふだんは親の母国語(スペイン語など)を話している移民の子どもは、なかなか英語を身につけることができない。
そんな彼らに、どうやって英語を教えるか―。
試行錯誤を重ねるアメリカでいま最も注目されているのは、話し言葉の音に注目させ、耳をきたえることから入る「フォネミック・アウェアネス」という理論。
日本人でありながらアメリカの小学校で教職に就き、英語教育に携わったリーパー・すみ子が、日本の子どもたちのために、この「耳からきたえる英語学習法―フォネミック・アウェアネス」を紹介する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 アメリカの英語教育―最初の一歩はフォネミック・アウェアネス/2 アメリカの赤ちゃんはこうやって英語をおぼえていく/3 小学生たちが毎日のように使うライミング/4 さあ、ライミングで遊んでみましょう/5 絵本にもライミングがいっぱい お手持ちの絵本をもう一度見直してみましょう/6 ライミング応用編 いろいろなレッスンプラン/7 アリタレーション、早口言葉、そして絵本の紹介/8 音素と発音―ヘレン・ケラー式に口の開け方をきちんと学びましょう/9 フォネミック・アウェアネスの7つのステップ

著者情報

リーパー すみ子
成城大学文芸学部国文科卒業。外国商社に勤務し、米国人秘書を務める。コピーライターとしての業務を経験後、米国留学。アイオワ州立大学大学院ジャーナリズム学部修士課程卒業。ニューメキシコ大学教育学部で図書館学コースを修了。1983年、ニューメキシコ教員免許を取得し、ニューメキシコ州アルバカーキー市の公立小学校に図書館司書として勤務。ここ数年、夏休みを利用して来日、書店や図書館などで洋書絵本の読み聞かせ講演を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ