pagetop

本 森の手紙 奥越後・松代の里から

ほしい!に追加 twitter
本-森の手紙 奥越後・松代の里から
著者: 高橋八十八 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
恒文社
発行年月
2001年 03月
ISBNコード
9784770410382
版型
--
ページ数
204P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高橋八十八 OFF

内容紹介

生命あるものすべてが、春を待っている。
雪深い奥越後に暮らし、そこに棲息する動植物と山村の暮らしを俳句を織りまぜて描いた山里の歳時記。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

春―躍動を謳歌する(ムクドリ/セキレイ ほか)/夏―熱暑にも負けず(ハンミョウ/ウコギ ほか)/秋―静寂を演出する(タカ/ミノガとカネタタキ ほか)/冬―すべてが白銀に埋もれる(フクロウとミミズク/オツネントンボ ほか)/ふるさとの植物方言を訪ねて(アカベン(ムラサキビユ)/アサシラゲ(ウシハコベ) ほか)

著者情報

高橋 八十八
1931年新潟県東頸城郡松代村(現松代町)生まれ。1945年新潟逓信講習所普通科に入所。卒業後、松代町室野郵便局に勤務。勤務の傍ら、方言、植物、民俗の収集と研究を続ける。県民俗学会会員・民話と文学の会会員。主に著書に『雪国の四季と草木と人間と』(白日社)、『奥越後雑記帳』(全5巻)『わが玉石集シリーズ』(全5巻)(自費出版)他

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

忍物語

西尾維新(著)


マジ文章書けないんだけど 朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術

前田安正(著)


パブリックスクール ツバメと殉教者

樋口美沙緒(著)


ランキング一覧へ