pagetop

本 幕末明治の佐渡日記

ほしい!に追加 twitter
本-幕末明治の佐渡日記
著者: 磯部欣三 (著)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 恒文社
発行年月 2000年 12月
ISBNコード 9784770410337
版型 --
ページ数 390P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

磯部欣三 OFF

内容紹介

十九世紀初頭から終わりにかけて、五人の高名な人物が荒波を越えて佐渡へ渡った。
幕末日本の動乱期を生きた俊英たちである。
島の沿海実測を実施した伊能忠敬。
佐渡奉行として赴任した川路聖謨。
攘夷か開国かで国論がゆれ動いていた時代、ロシアへの最前線の位置にある佐渡を視察した松浦武四郎と吉田松陰。
戊辰戦争で山形の松山藩家老として西軍と戦い、のち博物学者に転身した松森胤保である。
彼らはそれぞれに佐渡滞在の日記(紀行文)を綴った。
本書は五人の日記を手掛かりに、地元の郷土史家として知られる著者が、彼らの足跡を詳細にたどり、今までとちがった視点から、幕末明治の佐渡を再現した一冊である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 伊能忠敬―『沿海日記 下』から/第2章 川路聖謨―『島根のすさみ』から/第3章 松浦武四郎―『佐渡日誌』から/第4章 吉田松陰―『東北遊日記』から/第5章 松森胤保―『三観記行』から

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ