pagetop

本 戦闘機恐るべし WW2航空機の意外な実態

ほしい!に追加 twitter
本-戦闘機恐るべし WW2航空機の意外な実態
著者: 飯山幸伸 (著)
定価 ¥740(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 いN-619
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784769826194
版型 --
ページ数 245P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

飯山幸伸 OFF

内容紹介

第二次大戦でその頂上を極めたとされるレシプロ戦闘機の意外な裏面史を描いた話題の航空読本―奇しくも同じ名称の日本海軍雷電とP‐47サンダーボルトの共に苦しんだ発達過程とその後の明暗、各国の空冷エンジン戦闘機の茨の道のり、ターボ過給機をめぐる関係者たちの熱き情熱など、知られざるエピソードを綴る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 雷鳴ついに聞こえず―日本陸軍「雷電」二一型他/第2章 空冷エンジン戦闘機の苦難―独空軍FW190V1/伊空軍P・119他/第3章 ターボ過給機狂想曲―米陸軍YP‐37、P‐38H他/第4章 双発戦闘機の切実な悩み―伊MC・72/日本陸軍キ‐94‐I他/第5章 セヴァスキー・ファイターズ―米陸軍P‐35/伊空軍Re2000他/第6章 とどろき渡る雷鳴―米陸軍P‐47C、D、N他/第7章 ジャイアント・ファイターズ―日本海軍一式陸上攻撃機/米陸軍YB‐40他/第8章 異機種から転じた戦闘機―ソ空軍Yak‐7/独空軍Do217N他/第9章 北国の戦闘機―フィ空軍DXXI他

著者情報

飯山 幸伸
1958年、東京に生まれる。日本大学卒業後、図書館勤務をへて大学院修了。印刷会社、出版社に勤めた後、航空関連の原稿執筆、図面作成を行なう。雑誌「丸」などに橘悠太の名で記事掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング