pagetop

本 関東軍風速0作戦 対ソ気球空挺侵攻計画の全貌

ほしい!に追加 twitter
本-関東軍風速0作戦 対ソ気球空挺侵攻計画の全貌
著者: 鈴木敏夫 (著)
定価 ¥740(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫 すN-611
発行年月
2009年 07月
ISBNコード
9784769826118
版型
--
ページ数
246P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木敏夫 OFF

内容紹介

昭和十四年、ノモンハン事件でソ連軍に惨敗を喫した関東軍は、軍用気球戦術の研究を密かに進めていた―気球による爆撃のみならず、兵員が搭乗して敵陣に侵攻するという奇襲戦法が採用された。
兵士を吊るして空中飛流を行なうという無謀とも思える挺進作戦は、どのような理論と技術で実用の段階に達したのか。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 和紙製「ふ」号気球/第2章 技術部将校の中隊長/第3章 関東軍作戦重要課題/第4章 風速0飛流/第5章 飛び去った気球/第6章 軍用攻撃気球消滅

著者情報

鈴木 敏夫
大正10年2月、徳島市に生まれる。昭和16年3月、旧制高松高等商業学校卒業。翌17年1月、現役兵として入営し、渡満(虎林・歩兵第43連隊)。18年12月、任陸軍少尉。19年9月、関東軍直轄・機動第一旅団司令部参謀部付(吉林)。20年8月、終戦(敦化)。ソ連抑留(ラーダ、エラブカ、コクシャン)をへて、23年7月からハバロフスクで俘虜・囚人生活を送る。31年12月、最終引揚梯団で舞鶴に上陸、帰還。32年2月、徳島市役所勤務。54年6月、徳島市中央公民館長、図書館長を最後に退職。その後、徳島市国際交流協会事務局長。平成11年11月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


虚ろな十字架

東野圭吾(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


ランキング一覧へ